Wi-Fiルーターとは何だ?

街に出るとカフェやホテルなど商業施設で「インターネットが使えます」とか「Wi-Fi使えます」いうメッセージを見かけるようになりました。 インターネットを利用するためにはインターネット回線に接続しなければなりません。インターネットに接続する方法の一つが「Wi-Fi(ワイファイ)」という無線LAN通信で接続する方法です。 つまり「Wi-Fi」があるから「インターネット」が使えますよ!なんですね。

ここではWi-Fiルーターとはどんなものか?というテーマで分かりやすく解説します。

Wi-Fiルーターは大きく2つの種類がある!

さて、インターネットに接続するためのWi-Fiですが、大きくわける2つの種類に分かれます。
自宅で使用する据え置き型Wi-Fiルーターと持ち歩ける携帯型モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fiとも呼ぶ)です。

据え置き型のWi-Fiルーターとは

自宅で開設したインターネット回線からパソコンやスマートフォンに無線で電波を飛ばすための機器で、 Wi-Fiホームルータ親機とかWi-Fiルーター(無線LAN親機)と呼ばれています。メーカーにより呼び方が違うので最初は解りずらいかも知れませんが、 室内で電波を飛ばすルーターを指しています。使える範囲が限られているので自宅やカフェなどの使用に適しています。 とはいえ電波が届く範囲では受信できてしまうのでセキュリティが強化されているのが特徴です。

無線LAN内蔵型のパソコンやタブレットが電波を受信する時の子機にあたります(インターネットが出来るスマートフォンやiPhoneも子機の一つです) また無線LANが内臓されてないデスクトップパソコンでは、USBアダプターに無線LAN子機を接続することで電波を受信できるようになります。

携帯型モバイルWi-Fiルーターとは

屋外でインターネットに接続するための機械です。Wi-Fiルーター自体が無線でインターネット回線に接続できるので、屋外にいてもパソコンやスマートフォンからネットが使えます。

難しい理論の話は省きますが、無線LANでインターネットに接続するのが「Wi-Fiルーター」の役目です。
カフェやホテルなどで使える「Wi-Fi」や自宅で使う据え置き型Wi-Fiルーターの違いを事例とともに紹介します。

Wi-Fiルーターの活用事例で違いを理解しましょう。

自宅でインターネット

自宅でインターネットをする時は、光回線やADSLを契約する方法と
モバイルWi-Fiルーターを活用してインターネットに接続する方法があります。

光回線やADSLの場合は、据え置き型Wi-Fiルーターを購入して無線LANで電波を飛ばします。
インターネット回線の工事や設定、さらにはWi-Fiルターやパソコンの設定など面倒な作業があります。

モバイルWi-Fiルーターをお持ちで、無制限プランで契約されているなら、インターネット回線が
無くてもモバイルWi-Fiルーターに接続してインターネットを使うことができます。面倒な設定もなく
すぐに使える上に、複数のパソコンやスマートフォンを同意接続できるなど同等の使い方ができます。

外出先では無料Wi-Fiスポット

カフェやホテル、空港など街中には、無料Wi-Fiスポットが沢山あります。このエリアでは
パソコンやタブレット、スマートフォンやiPhoneなどから無料でインターネットにアクセスできます。

ノートパソコンやタブレットは、無線LANができるようになっています。
つまりWi-Fi設定で使えるネットワークを選ぶだけでインターネットに接続できます。
この時に無料Wi-Fiスポットが提供しているネットワークを選べばいいのです。

ただし無料Wi-Fiスポットを使うためには「パスワード」が必要な場合があります。
例えば、会員登録をすると「パスワード」を教えてくれるなど面倒な部分もあります。
ホテルでは、チェックインの時に宿泊者だけに「パスワード」を配布しているところもあります。

いずれにしても外出先でノートパソコンやタブレットからインターネットに接続するためには、無料Wi-Fiスポットを探す必要があります。 移動中や無料Wi-Fiスポットが無い場所ではインターネットができないのがデメリット!そこで登場するのがモバイルWi-Fiルーターです。

外出先で常時使えるモバイルWi-Fiルーター

では、外出先でノートパソコンやタブレットで常時インターネットに接続するにはどうしたら良いのでしょうか? ここで登場するのが「モバイルWi-Fiルーター」です。これさえあれば面倒な工事や設定もなく、パソコン、タブレット、スマートフォン、iPhoneなどがインターネット接続できます。 自宅で光回線の代わりにモバイルWi-Fiルーターを利用している方は、そのまま持ち歩けば常時インターネットに接続できるのです。

モバイルWi-Fiルーターは機種によって同時に接続できる台数が変わります。
少ないものでも5台~多いものだと14台同時接続もできるので仲間で一緒に使う
ことも出来るため旅行や出張時のインターネット利用を実現する必須アイテムです。

少しだけ注意が必要なのは、データ通信量です。

契約するプランにより無制限で使えるプランや月間で使える容量が制限されているプランもあります。
価格が安いプランではデータ通信容量を超えると速度制限がかかりスピードが遅くなります。
もとのスピードに速度を戻すためには、500MBごとに500円(Y!mobileの場合)の追加料金が必要です。

さらに現在のモバイルWi-Fiルーターの購入には、2年契約というしばりがあり途中解約すると違約金が発生します。携帯電話の契約と似ています。 しかし最近では「Wi-Fiレンタル」サービスが登場しました。1日単位でレンタルできるので、旅行や出張に活用する方が増えています。

スマートフォンやiPhoneもモバイルWi-Fiを使おう

スマートフォンやiPhoneも契約プランによって高速データ通信容量が制限されるので、外出中にガンガン使っているとスグに いっぱいになり速度制限がかかります。速度を戻すためには、500MBごとに500円(Y!mobileの場合)の追加料金が必要です。

このようにスマートフォンやiPhoneの高速データ通信容量を節約するためにも、 自宅では、据え置き型のWi-Fiルーターに接続したり、外出先では、無料Wi-Fiスポットを利用するのが賢い方法です。

モバイルWi-Fiルーターをお持ちで、無制限プランで契約されているなら、モバイルWi-Fiルーターに接続してインターネットを使えば高速データ通信容量の節約になる訳です。



Wi-Fiルーターとは?ホームルータ無線LAN親機とモバイルWi-Fiルーターの違い

インターネットに接続する方法の一つが「Wi-Fi(ワイファイ)」という無線LAN通信で接続する方法です。接続に必要な機器がWi-Fiルーターと呼び、大きく分けると自宅で使用する据え置き型ホームルータ無線LAN親機と持ち歩けるモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)があります。Wi-Fiルーターとは何か?という基本から目的にあったルーターの選び方まで解説します。

当日レンタルできるWi-Fiレンタルを徹底調査

どうしても今日中にインターネットに接続したい!Wi-Fiレンタルなら届いてすぐにインターネットに接続できるのだが、 問題は当日に貸してくれるレンタルサービスがあるかどうかだ!普通は最短でも翌日に届くものだけど、当日対応のWi-Fiレンタルは存在するか徹底調査してみました。 すると当日レンタル可能なWi-Fiレンタルがありました。

旅先や出張先でインターネットを自由に使うには

今や無料のWi-Fiスポットも増えてきたので旅先や出張先でも、インタネットを使える環境も充実してきました。 しかし、無料Wi-Fiスポットのエリアが限られているため、観光地や穴場を探す時、目的地まで地図やナビを使う時、取った写真をSNSにアップする時、ブログやFacebookを更新する時などなど 、もっと自由にインターネットを使いたいと思う筈です。

ページの先頭へ